将来の住処を考える|賃貸物件を確定する前の確認事項|アクセス条件もチェックしよう

賃貸物件を確定する前の確認事項|アクセス条件もチェックしよう

将来の住処を考える

集合住宅

引越しに適している

30代頃になると賃貸物件か購入した方が良いかで迷う人は少なくありません。購入した場合は持家になることが最大のメリットですが、賃貸物件はメリットとして様々なことが挙げられます。賃貸の1番のメリットは引越しが手軽に行えることです。持家の場合は引越しをするために家の売却、単身赴任等が必要ですが、賃貸では現物件の解約と他の物件を探すだけで簡単に移動することが出来ます。転勤が多い仕事に就いている人には間違いなく住みやすい環境と言えます。また、ご近所トラブル、家の老朽化が発生した場合も引越しで解決可能です。また、子供が増えたり独立した場合の転居も速やかに行え、リフォーム等に費用をかける必要はありません。さらに間取りに飽きた場合は自分好みの部屋に移動することができるなど、引越しが手軽に行える点は様々なことにメリットがあります。

種類による違い

賃貸の物件はマンションタイプとアパートタイプに分かれます。マンションタイプは鉄骨造、鉄筋コンクリート(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)の造りがあり、特にRC、SRCは防音性に優れています。また、デザイナーズマンションやタワーマンションなどオシャレな造りになっている物件も多く、家賃は比較的高めですが管理体制が整っていて住み心地の良い場所です。アパートタイプは木造や軽量鉄骨で多くが2階建ての物件です。アパートは家賃が安いことがメリットですが、若干、防音効果に乏しい点があります。しかし、最近では戸建てで区分けされてるなど、音が聞こえないよう配慮している物件も多いです。また、内装のオシャレさやメゾネットタイプなど、子供たちの楽しめる設計がなされている場所も存在します。賃貸物件は防音やオシャレさなど何に重点を置くかで自分好みの部屋が選べるため、とてもおススメと言えるでしょう。